2008年01月05日

法科大学院入試・新司法試験 推奨参考書 民法2(家族法)

家族法の基本書・コンメンタールなどについて推奨できるものを挙げます。財産法分野に掲げたものと重複するものもあることをご了解下さい。
 内田貴先生の民法W



 内田先生は東京大学教授ですが、関西系で有名な家族法学者の基本書といえば、これでしょう。


以下は、相続法分野だけのモノグラフですが、かなり良い本だと思います。


判例百選です。



なお、我妻・有泉コンメンタールは財産法分野だけが改訂されて出版されていますが、家族法のコンメンタールとして信頼できるのは以下の基本法コンメンタールでしょう。





なお、家族法だけをコンパクトにまとめてある本としては、以下の2冊が挙げられます。上の有斐閣アルマの親族・相続の著者の松川正毅教授は、大阪大法科大学院長で、旧司法試験考査委員をされておられます。












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

伊藤真の民法入門 講義再現版
Excerpt: 公務員試験勉強中の文学部生です。経済と民法に頭を抱えましたが、この本は民法の全体的なイメージがつかめます。ただ、これを読んで、次にどうするかを考えなくては・・・。初学者です。民法は身近でありながら複雑..
Weblog: 法律が最高によかった
Tracked: 2008-02-02 02:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。