2007年08月19日

卒論・修論・レポート代行業者???

todai007.jpg
写真は東京大学安田講堂です。ネット上では「卒論・レポート代行業」なるサイトがあり、本当かどうかはともかくとして、「作業員は全員東大生」などという文言も踊っているようです。そのような業者に対して東大から苦情がいかないのでしょうか……
以下はニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070818-00000111-yom-soci)より引用です。

1文字5円、卒論に代行業者…大学は「見つけたら除籍」
8月18日18時39分配信 読売新聞


 
大学の卒業論文やリポートの執筆を有料で請け負う代行業者が登場し、波紋を広げている。

 学生がインターネット上で見つけた資料をリポートなどに引き写す「コピー&ペースト」が教育現場で問題となっているが、これを上回る究極の「丸投げ」で、文部科学省は「事実とすれば、到底認められない行為」としている。

 ネット検索大手のグーグルも、「こうした代行は不正行為にあたる」と判断、代行業者のネット上の広告掲載を禁止する措置に踏み切った。

 「国立大の学生・院生を中心としたチームなので安心の品質」「6年で740件の代行実績」。ある代行業者のホームページ(HP)には、そんなうたい文句が並ぶ。別の業者のHPは「社員は学生時代に必要最低限の勉強量で優やAを取ってきた精鋭ぞろい」とアピールしている。

最終更新:8月18日18時39分



博士論文の作成を部分的にであっても手伝う業者もいるようです。
「心情なき専門人」もついにここまできたかという感じですね。かつてマックス・ヴェーバーが「ザッヘに帰れ」とドイツの大学生に呼びかけたように、「本業に帰れ」といいたいですね。
posted by 一法律学徒 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 144席(3階席・728席/4階席・416席)。安田財閥の創始者、安田善次郎の匿名を条件での寄付により建
Weblog: 『ホール』全国一覧。
Tracked: 2007-10-04 14:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。