2008年01月05日

民法の演習書

 新司法試験や法科大学院入試に対応したような形の民事法の演習書はないかという相談を受けたことがあります。複雑な事例から事実を拾って論述させるような形式に対応出来るような演習書はなかなか見あたらないとおもいますが、とりあえず以下の書籍は有用と思われます。

民事事実認定関係




 論点が複雑にからみあった形式の演習書としては、以下のものがあります。






事実関係を拾うには要件事実の知識が必要ですが、以下の本が良いと思います。



要件事実の演習には、以下の問題集しか思い当たりません。


この問題集の著者が書いた「要件事実マニュアル」です。辞書的に使うのがよいでしょう。







法科大学院入試・新司法試験 推奨参考書 民法2(家族法)

家族法の基本書・コンメンタールなどについて推奨できるものを挙げます。財産法分野に掲げたものと重複するものもあることをご了解下さい。
 内田貴先生の民法W



 内田先生は東京大学教授ですが、関西系で有名な家族法学者の基本書といえば、これでしょう。


以下は、相続法分野だけのモノグラフですが、かなり良い本だと思います。


判例百選です。



なお、我妻・有泉コンメンタールは財産法分野だけが改訂されて出版されていますが、家族法のコンメンタールとして信頼できるのは以下の基本法コンメンタールでしょう。





なお、家族法だけをコンパクトにまとめてある本としては、以下の2冊が挙げられます。上の有斐閣アルマの親族・相続の著者の松川正毅教授は、大阪大法科大学院長で、旧司法試験考査委員をされておられます。












法科大学院入試・新司法試験 推奨参考書・憲法(体系書中心)

 憲法の基本書で推奨できるものといえば、試験対策としてはなんと言っても「結論が無難」なものでしょうか。憲法解釈は法学のうちでも個々人の価値観やイデオロギーが直接に反映される分野ですので、あまりマイナーな異説を採っている本は試験対策としてはふさわしくないと思います。
 その観点からいえば、何と言っても芦部説は芦部先生がお亡くなりになった今でも憲法の通説でしょう。
お弟子さんの高橋和之教授が補訂しているので、情報の新しさという点からは問題ないでしょう。


 副読本として、「憲法判例を読む」は欠かせないと思います。


憲法の学習には判例は欠かせませんので、判例百選も必携でしょう。




とにかく重要な判例だけコンパクトに押さえたいという方は、以下の新書版の判例集がお薦めです。ただし、近年数年の判例はフォローされていないので、その分は判例百選や有斐閣の重要判例解説(年度版)などで押さえる必要があります。


重要判例解説へのリンクも貼っておきます。









なお、芦部説以外の基本書もいくつか挙げておきます。「無難な」試験にふさわしい説として有名なのは、元最高裁判事の伊藤正巳教授の説でしょう。




 後者の有斐閣双書の憲法入門は、概略を押さえるのには十分だと思います。
 以下は、司法試験受験生の愛用者が多い佐藤幸治教授の本です。



以下は、東北大学の辻村みよ子教授の本です。辻村説はプープル主権論を採られるなど、やや通説からははずれたご見解を採っておられますが、新司法試験考査委員をしておられますし、通説的見解にも十分に言及しておられます。また、辻村「憲法」は判例が充実しているので、これだけでも相当な判例に関する知識が涵養できるでしょう。初学者には芦部憲法よりもこちらの方がよいかもしれません。






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。